2019年04月30日

お約束的トピック、平成を想う。

今日で終わりやね。

1日1日をシンプルに積んでくのを重視する論を発信するわたしにとっては
昨日も今日も明日も変わりはないはずですが
時代としての元号が変わります。
それはそれは大きな節目やとも思ってます。

スリップ予防の局面で頭ん中のビッグ・オーディオが鳴らすチューンのひとつ。

ベッズ・アー・バーニング/ミッドナイト・オイル

フロム・ダウンアンダー!

どうやって踊っていられる?
地球が変わろうとしている時に
どうやって眠っていられる?
寝床は燃え上がっているって云うのに
時は来た
公平は公平で在るべきと声を上げよう
借りたものは返そう
そして正当な分け前については支払おう

何故かこんな曲を思い出さずにはいられませんでしたよ。

やれやれ、この時代は色々有りましたなあ。
わたしたちKA阪神 インターセプターズに集う同志さんにとっても同様やと思います。
自業自得やとは云え決してクリアに出来ない傷も負いました。

昨日までを振り返って検証していくのは大切です。
明日からどう生きていくかも同じくらい大切です。

ただ安眠出来るシーンだけはちゃんと整えてね。
礼節と勇気と少しの気配りをちゃんと持って。
未来に向かって伝えたい事をちゃんとそうしたい。

うーん、世間では騒々しくのチャントが発せられるんやろな。

さよなら平成、有り難うございます。

ミッドナイト・オイルの初来日ライヴ。
真ん中最前列の席をゲットしたにも関わらず。
中止になったのも今日までの時代の苦い思い出ですわ。






posted by Kaworu at 22:18| 兵庫 ☔| Comment(0) | 抗う。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

まったくもってエラいブツに出逢ったかもしれん。

The Fix 依存症ビジネス 「廃人」製造社会の真実/デイミアン・トンプソン
中里 京子 訳 ダイヤモンド社 刊

アベンジャーズを観た後にふらりと立ち寄った書店。
普段はあまり立ち廻らないビジネス書のコーナーでね。
発見しました。

カヴァーのセンス良ければ、内容も良し!
わたし的にはCDにもDVDにも当て嵌まる所謂テッパン・パターン。
迷わず即購入しましたよ。

でもって今日ボチコボチコと読み始めました。

え?まだ33ページやで?
それやのに....。

NYで流行りまくったカップ・ケーキを中心としたビジネスを切り取り
糖分とカロリー過多(ただし栄養価は極めて低い!)摂取依存を看破して
過食からの嘔吐への流れを華麗に描写。
アイスクリーム程じゃないけどダイエット・コーク飲んだならいけるって!
その時、脳内で何が起こってるのかも丁寧に解説してくれてアリガトゴザマス。

アディクション・パンクやね。
気に入りました。
これ依存症解説版「ファイト・クラブ」かよ?
それかサブ・カルチャー懸案と現代病理のシヤワセな同棲物語?
恐ろしい、まだ未読300ページ以上残ってるのに。

もうね、久々に真剣に堪能するべきブツですわ。
posted by Kaworu at 22:44| 兵庫 ☔| Comment(0) | 感じる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

魂のウォーキー・トーキー。

結論としてそんなんが欲しいんです。

昨日「アベンジャーズ エンドゲーム」観てきましたよ。
前作が衝撃の終わり方に目晦ましされたばっかりに
地球サイドと宇宙サイドにね。
それぞれのバトルに分かたれてた事実にモヤモヤしてました。
アッセンブルしてなかったのよね。って。

今回は早々にそこんとこは解消されてて安心しました。

人口が半分になってしまって荒廃したNYで
スティーヴが何らかのアノニマス・ミーティングで発言する描写。
きっと(友達失った匿名集会)って感じなんやろな。
かなりの親近感やん。

サノスを倒す事よりミッシング・パーソンを取り戻すのに腐心する事態に
熱量が割かれるのは予想してましたが
それがかなり軽い(スパイ大作戦)と
プラスかなり重い(ミッション:インポッシブル)に展開してって
吉本新喜劇の要素まで孕んでの巻。

アベ民の後悔や反省を発展的に理解と支援していくのん?
ああ、そうなんや。

そしてかなり強引に最終決戦に雪崩込みますが
もう此処までまで来たら細かいのは気にしたらアカンやろ?の力技レベル。

でもってキャップが云います。
叫ぶとか吠えるとかじゃなくてね。
諭すくらいのテンションで。
「アベンジャーズ、アッセンブル。」
仲間だけに伝わったらエエやん。の微熱量。
なんやけど受け手にとっては体温上がるし目から汗が流れる事態。
おお、最大の見所だな....。

そんなシステムとしてのウォーキー・トーキーご寄付いただけませんか?
これあったなら、わたしたちKA阪神として上手に運用する自信は満々です。

緊急事態が生じたとしたら魂のレベルで会話したいねん。
もし同志さんがスリップしそうになった時にゃ
シンプルに「インターセプターズ、アッセンブル。」と発信して
邪な欲望を無力化出来たらね。

ただの妄想として片付けたくはない、ちょっとストレンジな妄想です。

posted by Kaworu at 23:50| 兵庫 | Comment(0) | 抗う。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

ハナレグミが聴こえてきた。ふと思った。

ふらりと入った珈琲屋でね。
21世紀に入ってからの個人的に初認定した邦楽の名曲。

ハナレグミ=アーティスト名
家族の風景=楽曲名

「キッチンにはハイライトとウイスキー・グラス
 何処にでもある様な家族の風景」
「7時には帰っておいでとフライパン・マザー
 何処にでもある様な家族の風景」

何も事が起こっていない、状況描写だけなのにこの温かさよ。

ふと思ったのは、我々無名の盗癖者にも家族が居るやん!って事。
クローズド・ミーティングでも良く聴くエピソード。

母が。父が。姉が。妹が。兄が。弟が。主人が。子供が....etc.etc.

このアディクション、本人だけじゃなくって
ご家族にも確実に障ってくるのは事実です。
むしろ本気で思い悩んでるのは後者の方かも知れません。

そう考えているからこそ
家族会を併設していない
わたしたちKA阪神 インターセプターズでは
ご本人、ご家族の方問わずにお困り事やご相談を受け付けています。

それはka.hanshin@aol.comまでお気軽にどうぞ。

そうそう!(家族の風景)にはこんな描写もあってね。

「友達のようでいて 他人のように遠い
 愛しい距離が ここにはいつもあるよ」

KAもまたひとつの家族の形として捉えたなら云い得て妙やなあ。
こちらも温かく表現されている気がします。
posted by Kaworu at 22:10| 兵庫 ☁| Comment(0) | 感じる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

シー・インターセプツ。

わたしたちKA阪神 インターセプターズのミーティング
本日開催分は無事に終了しました。

まだまだの少人数での実施と成りましたが
初参加の同志さんをお迎え出来ましてね。
この表現が妥当かどうかはさて置き、盛り上がりました。

云いっぱなし聴きっぱなしの従来のスタイルを経て
残り時間は緩い意見交換会?みたいなディスカッションのスタイル。

わたし自身
どれだけ文献を読み漁ってもしっくりと来なかった摂食障碍の世界について
そのリアルを垣間見れたのが大収穫でした。

こればっかりは当該のご本人様の声を聴かずには気付きを得れません。
思わぬ形で機会を得て充二分に納得の時間。

そんな今日の功労的キイ・パーソンは....。
いつもいつも何かとわたしを気にかけてくれて有り難うございます。の彼女。

独特の探究心や好奇心でもって、めっちゃ発言引き出してくれます。
メンバーが語っているエピソードに静かにアジャスト。
でもって話の腰を折るかどうかの絶妙のタイミングでインターセプト。
思わぬ方向に走り出してそして華麗にタッチダウン。
ハナシの裾野が際限無く広がっていくテクニークにね。

アンタこそが真のインターセプターだよ!
とね、純粋に思いました。

予想は不可ですが色々な事が起こって見分は着実に深まっていきます。
セッションにジョインしてくれてる同志さんに感謝です!



posted by Kaworu at 22:31| 兵庫 ☔| Comment(0) | 感じる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

キョーレツな連休直前に。

開催します。
わたしたちKA阪神 インターセプターズのクローズド・ミーティングです。
明日、13時30分からサンシビック尼崎3F会議室にて!

毎回毎回、前夜には「どんな出逢いがあるんやろ?」ってワクワク。
アルコール摂取しながらテンション少し上がってます。

わたしの普段の行動パターンから云ったら明日はアベンジャーズにジョインですが
それは土曜日に延期やなあ。
重篤なネタバレ発信が横行してるから、ネット情報はシャット・アウトの方向で。

今ではより大事なインターセプターズを結成したからね。
そっち最優先で何かに突き動かされている様なこの感覚にライドするだけやねん。

とにもかくにも無為自然で臨みます。

https://klepanonhanshin.up.seesaa.net/image/E382B5E383B3E382B7E38393E38383E382AFE5B0BCE5B48E-thumbnail25B25D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2.png
posted by Kaworu at 22:33| 兵庫 🌁| Comment(0) | 知らせる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

ジ・インターセプターズ。

今日は喜々として事務仕事に勤しみました。

夏までをカヴァーするフライヤーの作成にブログのリニューアルetc.etc.

わたしたちKA阪神にマスコット・ネームが付きました。
それは「インターセプターズ」。
別名を得て、地下に潜っての活動をしてやろう!って訳ではありません。
わたしたちKA阪神としてのニック・ネーム的なのが欲しかったのと。
会場をレンタルする際の使用団体名を「阪神 インターセプターズ」にする事で
クローズド・ミーティングに悪意の有無関わらず
当該アディクションに思い悩む本人以外の招かれざる参加をガードする為です。

まあ、そんなこんなをパブリックに公開してるブログのトピックで発信するのも矛盾ですが
先ずはちゃんとお知らせして、徐々に秘匿性を高めていこうかなと....。

でね。
何で「インターセプターズ」?
ついては真摯に答えんと。

映画っちゅうメディアに於いて最強のコンテンツに「MAD MAX」ってのが或ってなあ。
好きが高じ過ぎてマックスの愛車フォードからの。
でもってXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
アカン!これは却下!

取り直してシリアスにいきましょ。
「インターセプター」は英語で「interceptor」
迎撃機、横取りする人、遮断する人等の意味です。
防御する、捕まえると云った意味の訳感「intercept(インターセプト)」に
「or」が付いて○○する人、とされている語句に成ります。

これ(攻撃は最大の防御)的な思いでKA阪神を立ち上げたわたしにとっては
クレプトマニアックスが発する特有の邪な欲望を
サーチ&デストロイしたりキャッチ&ランしたりの
そんな名前はうってつけやなあと。
みたいな感じです。

色々とネーミングについてのボツネタもありました。
ここんとこの2週間激しく考えてましたので。
それらにつきましても機会有ればまた報告しますです。

キョウノヒハ、 We Are Just Interceptors ! That`s It.

高らかに宣言しましたがページのデザインにゃ満足してませぬ。
ヘッダーのセンテンスが左寄せなんが見付からんなあ。




posted by Kaworu at 22:26| 兵庫 ☁| Comment(0) | 知らせる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

無事故「44」日。継続中!

或るデリヴァリーのピザのショップにてね。
配達可能地域マップの横に大きく張り出されているアティテュード。
たまたま商品受け取りに行った時に目にしました。

「 」の中の数字は毎日書き替えられているみたいで。

もうお分かりですよね?
バイクやクルマを日常的に業務に使っている営業所では普通の日常です。

ですが安全運転を心掛けてて実際にノー・トラブルは
それだけやったら会社からの評価は低いねんなあ。
継続に継続に継続出来て初めての賞賛。
評価いただけるのは辛いランをもうムリっちゅうくらい重ねてやっといただけます。

わたしたちにとっての
盗らんかった「?」日。継続中も一緒やと思われます。

もうシンプルに一日一日を積み重ねていくだけです。
それしか有りません。
何とももやもやした気持ちと共に生きてくしかないねえ。
スリップやドロップにゃ細心の注意を睨みつつ。
どんなけやったら安心ってのもない中。
血を吐きながらの過酷なマラソンを続けなければの事態です。

でもね。
同じ思いの方の存在を感じられるだけで
少しココロの負担みたいなんは軽減される?かも。
このトピック気になったんなら是非に来てみて!

わたしたちKA阪神はそう考えています。




posted by Kaworu at 22:55| 兵庫 | Comment(0) | 知らせる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

アッシェス・トゥ・アッシェス。

ダスト・トゥ・ダスト。

クレプトマニアックスにつきまして
償うが先か?治すが先か?
ここは議論の余地が無いのがトレンドです。

純然たる犯罪行為を前にして依存症治療を優先したりするのは
有るはずの責任能力の否定に繋がります。
ここに異論を持ってはいません。
偽りではなく持ってはいませんが。
今、或る事案についてその考えが揺らいでいるのも事実です。

正直に告白せねばなりません。
今週ひとつの判決が出ます。
それに私情を挟み込んでしまっています。
被告はわたしにとって思い入れのある人物。

今回のケースで目覚め気付きを得て真摯に自分に向き合い
然るべき所で治療に取り組み
毎回KAに参加しての共感出来るエピソードを発信してくれています。
回復に臨むスタイルには凄みすら感じ尊敬を覚えるキャラクター。

そんな強い決心を持ってアディクションに取り組んでいても
収監となれば回復への数々の支援をロストする事となり
結果的に現在得た意識的ゲインも無駄となって
出て来る頃にはまた盗む行為を渇望するレベルに陥ってるのは容易に想像可能です。

ただ可能性として
下される裁きが罰金や執行猶予になったとして何だか安心してしまい
そこのところに心の間隙が生まれスリップする可能性も否めません。

ですが!
わたしはこの方がどれだけ足を使ってどれだけソールを擦り減らしてるかは
知っているつもりです。

司法に於いてのその時その時の極めて人間的な理解や考察。
判断についてあらゆる結果が想像出来ます。

取り巻く者としては祈るに祈るしかないんでしょうね。
なので今はただただ祈るに祈っています。

抜本的にこんなケースに有用な更生や回復に向けてのシステムについては
随分と個人的な思いもあります。
その辺りついてはまた別の機会にコメントしたいと考えます。

ごく簡単なファイナル・シーン。
灰は灰に。
塵は塵に。
そんな宣言をして
はい、終わり。
どうぞそちらへ。

含みの無い結論には抗戦する手を考えたい!
ひたすら思いを強く持ちます。






posted by Kaworu at 22:58| 兵庫 ☁| Comment(0) | 感じる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

おお、似てるぞ。

確かに似てる。
何がって?
はい、盗癖と痴漢です。

遅ればせながら斉藤先生の前作を拝見しました。

男が痴漢になる理由/斉藤章佳 イーストプレス

帯に大きく赤字で「痴漢は依存症です。」と高らかに宣言。

行為に対しての依存で直接的な被害者が存在する事。
そして何より純然たる犯罪行為である事。

きっと抑制の為のノウハウも満載で
クレプトマニアにとっても流用可能な策を見出そうと。

そんな野望を抱きつつ読み進めるうちにね。
へ?
え?
これ、まんまやん!って。
認知の歪みにストレス・コーピング。

名著(万引き依存症)と姉妹関係にはあると思ってましたが
それどころか双子でした。
本当にこの二つの案件は似てるんですよねえ。
やったら痴漢と窃盗症は
互いに助け合えたり分かち合えたりのシーンありませんかね?
漠然とそういう風に思いました。




posted by Kaworu at 21:27| 兵庫 ☀| Comment(0) | 感じる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする