2019年10月16日

ザ・宥恕。

知ってた様な、知らない様な。
いやいや、未体験ゾーン・サイドの言葉だなあ。

KA時代からのお付き合いの例の彼女が教えて下さいました。
「ユウジョ」と読みます。
意味はね。

http://www.namikiseiryu.com/%E3%80%8C%E5%AE%A5%E6%81%95%E3%82%86%E3%81%86%E3%81%98%E3%82%87%E3%80%8D%E3%81%A7%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%8C%E5%A7%8B%E3%81%BE%E3%82%8B/

要するに犯した罪を償う方法としての示談のスタイル。
それが同意に至って
(被害者側は加害者に向けての処罰感情が無くなりましたよ!)
を表明した時の状況。

起訴前に成立したならばそれが猶予になった例がちらほらと
しかし、大多数が裁判に雪崩れ込んだ最中での合意となる様です。
ならばその効果の程は?
と考えてたところ、初めて法廷でその言葉を耳にしました。
しかも!似た罪状での「宥恕」が有る時と無い時。

今、よく媒体で取り上げられている(すり替え詐欺)。
キャッシュ・カードと暗証番号を記したメモを封印するタイミングで
それらを掠め盗るやつです。

「宥恕」が有る時=求刑3年。
「宥恕」が無い時=求刑3年6月。

2割減ですか?
これを好条件の効果と感じるか?
ただただ軽微な効果と感じるか?
判断には迷う感じです。

まあまあ本筋としては減刑への期待なんかは別のものとして
アブソリュートリィで先ずは謝罪!
そしてそれをどう形にしてどう受け取っていただけるのか?
を優先的に考えなければなりません。



今日になって自分の内面にまで手が届いた
思ったのはいくつかの道がある事
それは問題から距離を置く方法について







posted by Kaworu at 22:37| 兵庫 ☀| Comment(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

イヴ・オブ・ディストラクション。= 明日なき世界。

憤りと疑いに悩まされたこの1週間。
極めつけは神戸の小学校から発信された動画。

これね。
かなりの方が目にされたと思います。
でもおかしくない?
趣旨はいじめの防止じゃなくて、ただの歪な笑いを思い起こす為です。
要するに撮影者は悪意が根本にあったと容易に想像可能です。
それは加害した側の発想であってね。
撮られた映像は正にいじめに加担している記録でしかないなあ。

映像提供した人は「関係者」としか提示されていません。
仲間内で流通した動画を何かと引き換えにマスコミにリークしただけかも知れませんが
それを受けた報道陣が加害者の主導発信のんをだらだら放映するって。
被害に遭われた方に寄り添ってる様な論調が絶対的正義みたいに垂れ流しつつ
その対象の方が正視出来ない(場合によっては自死を選択するくらいの屈辱かも?)
再認識すらしたくないレベルのんをただただ垂れ流すって
もっとやり方あるやろうに!

それは別に動いてなくてエエやん?
静止図を何枚か提示するとか、そんくらいで。
わたしは別に画も見たくないねえ。
そこで何が行われてたかの報告と解説で充分。

とにもかくにも!
犯罪を映したシーンをリリースしたいんやったら
少なくとも被害者の視点で発信するもの(こないだの煽り運転はそうやったんかな?)
に限定でお願いしたい。
やたらめったらアイ・キャッチだけで報道してたら
受け手は本質を見失う事態に陥りますのでね。

しかし今回は一筋縄では進行してないよねえ。
本来なら被害者が内緒で送るであろう生徒さんと保護者さんへの文までもが
何故かマスコミまでもに公開されている。
しかも過剰に品行方正な中身。
そんなんしてる間にもっとせなアカン事も有るんじゃないの?

嗚呼、もう何が何だか....。
そろそろ怒りをマネジメントする術を学ぶ時なんですかね。

明日はわたしたちT.R.A.C.K.S HANSHIN Interseptors のレギュラー・ミーティング。
13時30分よりサンシビック尼崎3F会議室にて!

https://klepanonhanshin.up.seesaa.net/image/E382B5E383B3E382B7E38393E38383E382AFE5B0BCE5B48E-thumbnail25B25D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2.png

宜しくお願いします。



感じねえかよ?
この嫌な感じを
一度くらいはテレビで観ただろ?









posted by Kaworu at 22:16| 兵庫 ☁| Comment(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

「どうなるか?」よりも「どうするか?」。

それがホンマに大事やと。

よく耳にする質問に
盗んで捕まったらどうなりますか?
って云うのがあります。
多くの方々が気にしてらっしゃるので
本来ならT.R.A.C.K.S.のハンドブックに明記するつもりでしたが
考えが有ってボツにしました。

それについての分かり易いトピックがこちら。

https://izumi-tachikawa.jp/column/keijijiken/manbiki

この状況を知ったところで
「どうなる?」だけの回答を得て妙に安心するのは
わたしたちは失敗やと認識します。

大切なんは....。

ここでタイトルに戻ります。
ひょっとしたら絶対的な負に纏わる無限ループの始まりかもわかりません。
「どうする?」が頭の中に浮かぶまでは。



簡単に行き着ける出口なんかない
近道で辿り着ける家路なんかない

posted by Kaworu at 21:03| 兵庫 ☁| Comment(0) | 知らせる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

ONC。

こないだ、とある行政の相談支援員さんにフライヤーをお渡ししたところ
「クレプトマニアの方って万引き事案ばかりなんですか?」
「さすがに職業的窃盗犯は当て嵌まらないにしても他にも居る様な気が....。」
良い質問やと思います。

オーケイ、ここで復習しときましょか!

窃盗症を定義する為のガイド・ライン
アメリカの精神医学会が発行しているDSM-5にはこうあります。

① 個人に用いる為でなく、またその金銭的価値の為でもなく
  物を盗もうとする衝動に抵抗出来なくなる事が繰り替えされる。
② 窃盗に及ぶ直前に緊張の高まりが在る。
③ 窃盗に及んだ時の快感、満足感または解放感が在る。
④ その盗みは怒り、または報復を表現する為のものではなく
  妄想、または幻覚への反応でもない。
⑤ その盗みは素行症、躁病逸話
  または反社会性人格障碍を以ってして上手く説明が出来ない。

これらをガチガチの型と考えるなら
リアル・クレプトマニアックスは世に存在しない!くらいのレベルです。

ですので、わたしたちトラックス阪神 インターセプターズはこう考えました。

① それは悪い事だと認識しながら(盗む)と云う行為を重ねている。
② それを(止めたい)思いがあるけど、上手く自らのコントロールが出来ない。

この2項目を重要視しています。
ですから(盗む)事の形態は
万引き、置き引き、内引き、スリ、空き巣etc.etc.は問いません。
どなたがお越し下さろうとも耳を傾けるつもりです。

但し!
この認識は自助グループを運営するのに便宜上わたしたちが考えている事であって
司法や医療の判断とは多少なりとも違ってるのはご理解下さい。



ホンマ愉しそう、こんなんやりたいなあ。



俺達がやさぐれた事に理由なんてなかったよ
ただ少しだけ不器用だったのかも知れない


posted by Kaworu at 22:13| 兵庫 ☔| Comment(0) | 知らせる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

ジダイハカワル。

その表現だけでは計り知れない
寂しさや侘しさを感じます。

生まれてからずっと神戸で育ったわたし。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-00000018-ytv-l28
嗚呼、おやつセンターとKYK。

一時期は京橋を基盤に活動してたわたし。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000034-minkei-l27
嗚呼、ドムドムとウェンディーズ。

決して(淘汰)とは云いたくないねえ。
ただ時代は変わるって事。
この後の進化についてけるかどうかは別として
それはトレンドなんやと受け入れるしかございません。

ピロシキ!
トンカツ!
ハンバーガーズ!
いくつになっても幼稚な舌よ。

ところでキュッキュは見付かったって?
ホンマ良かったねえ。



どうか理解の外に在るからと云って否定をしないで欲しい
息子や娘はあなたが求めている願望の遥か彼方に居る
posted by Kaworu at 22:58| 兵庫 ☁| Comment(0) | 感じる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする