2020年10月31日

This Is Halloween。

やね。

今日はパーソナルミーティングで
朝から天王寺に。

けど時間が時間だけに
まだコスプレ・ピープル
見掛けんかったなあ。

まあそれ見たいんやったら
キューズ・モールから
西に徒歩5分くらいで
いつでもコスプレ民多めの
街があるんだなこれが

知らんけど。

そりゃそうと
H.P.(クレプトマニアからの脱却)主催の
悠ちゃんが呟いてたねえ。

趣味がないと云う悩みに対して
自分もそうと云う人も多いけど
こんな感じで趣味楽しめてますよ
みたいな話はなかなか聞けない

ってね。

新しい健康的な依存先を見付けるのも
わたしたちT.R.A.C.K.S. LEAGUEの
大切な役目やからねえ。

王道は
読書
音楽や映画鑑賞かな?!

中でも今宵は
トリック・オア・トリートやし
お菓子の代わりにトリートしてみる!
マイナーな映画。

トレイラーを貼っ付けますので
気になったら観てみては?!
DVDリリースか配信済なんで
お気軽に愉しめるからね
着実に世界は広がりまする。

https://www.youtube.com/watch?v=fBxkD6wEqrI

https://www.youtube.com/watch?v=-jFhFaKEV2o

https://www.youtube.com/watch?v=j1rJGbltYcc

https://www.youtube.com/watch?v=xhhlZcBrmo0

https://www.youtube.com/watch?v=PkGeL1EXTmI

https://www.youtube.com/watch?v=fspXJnFOHws

まあ秋の夜長にしっぽりと
いかがでしょうか?

そうそう!

こんなのが観たいんやげど的な
ご質問ございましたら
遠慮なくどうぞ。

喜んでナヴィゲイター務めますのでね。



小さい無知無垢な者がそこいら中にいる
人生は良き恐怖なかったら愉しくはないさ





posted by Kaworu at 21:56| 兵庫 | Comment(0) | 抗う。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

涅槃。

には決して到達出来ないわたしたち。

スリップする事なく
抗い続けるしかないねん。

うんうんもうダイジョブ!
なんて思った時こそが
次のダークサイドの始まりかも?!

はい
医療機関での一定の治療が終わって
やっと息つけたタイミング。

でもってその辺りで
自助グループからも離れていくのん。

例えば内臓疾患なら
完治認定されてもその後
ちょっと長いスパンで
定期健診をお薦めされるよね?

T.R.A.C.K.S. KANSAI Interseptorsも
その様にお使いいただけたらなあと....

ある程度の安定を
自身の中で確認出来たなら
足繫くはもうエエと思います。

でもたまにゃ
ふらりと訪れて貰ってね
新しいT.R.A.C.K.S. Leaguerさんに
知恵と経験を示唆して欲しいねんなあ。

そんな正しく稼働するサイクルを
構築したいと思えました。

そりゃそうとね
個人的には
本日は避けたいのに
ストレスフルな1日でした。

自分がタッチ不可な部分での
ケアレス・ミスの結果が
伝達されてしまって
折角の準備と覚悟が先延ばしに。

ならば気晴らしに映画でも
って今度は自分の痛恨チョイス・ミス。

https://www.youtube.com/watch?v=pMmmNR8jFF8&pbjreload=101

後世に残すべき
圧倒的な白黒のシャシンなんやけど
何ちゅうか打ちのめされて帰宅。

ラース監督の作品の数々思い起こさせる
悲惨な映像美がぐいぐいに。

嗚呼3度目にテネった方が健康的やったわ。



なあ
待ってや
新しい不満が芽生えたねん






posted by Kaworu at 21:55| 兵庫 ☁| Comment(0) | 抗う。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

雨乃犬供。

即ちレイン・ドッグス。

基本コンセプトとしては
闇雲に出掛けてはみたものの
行き先で雨に祟られて
自身の来た道の匂いが消失してしまい
帰巣する事は疎か
にっちもさっちもいかなくなった
それがわたしたちです。

ってミスチルのリリックみたいやけど
本当にそうやねん。

常に迷える雨犬を
リードしたりガイドしたりするのは
先人さんの役目。

わたしもそうありたいとは
常々そう思ってるんやけど
この特有の共感性の無さよ!

そんなこんなで
本音を云うけど

最近レギュラー・ミーティングに
繋がってなかった方々。

ご安全に過ごせてるんなら
たまに顔出して欲しいねんなあ。

ホンマぼちぼちでエエからね。

昨日は初の夜ミートやってね
T.R.A.C.K.S. KANSAI Interseptorsとして
それなりの記念すべき節目でした。

そこに颯爽と久々に登場した彼女。

ここしかない!
っちゅうグッド・タイミング
どんなけ持ってるのん?

参加してた
T.R.A.C.K.S. Leaguersからは
わたしに帰宅後に感謝感激の
メイルや架電やらが。

この場所を借りて
有り難うございます!

どうしたら良いのか雨犬にも
充二分に理解出来る
立ち治りの道まで示唆いただけて

これはこれで
ひとつのトピックとして発表するに
メロウなエピソードでしたので
綴るのを継続しますです。

今晩云いたかった事を要約すりゃ
立ち治りに向かうには
リアルな体験談こそが
イチバンのクスリに
成り得るって感じなんかな。



僕らは踊りながら
夜を全て飲み込んでた
夢を見ようと思えば
いつだってそう出来たし
思えばどれ程踊り明かしたことか
光を全て浴びて
僕らいつだって
狂ったみたいだったね







posted by Kaworu at 21:59| 兵庫 ☀| Comment(0) | 知らせる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

スムース・オペレイター。

なんていつかは呼ばれたいねえ。

さてさて!
いよいよ
T.R.A.C.K.S. KANSAI Interseptorsの
夜のレギュラー・ミーティングを
始めます。

10月26日(月)19:00~
西宮市 市民交流センター 会議室にて

http://shimin-koryu.net/access/

本来なら4月から
開催の予定でしたが
この社会情勢下で
半年も延期になってましたので
万感の思いで当日を迎えます。

仕事終わりから
ジョイン可能な時間設定ですので
もう是非是非に!

喋りたい事だけ喋って
喋りたくない事喋らずに
疑問に感じる事は訊いたりして

寄り添いと分かち合いでもって
少し安らげる場所でありたいと
考えています。

よく世間では回復するのを
リカヴァリィと云いますが
別の意味ではそれは覆い隠す事。
わたしたちT.R.A.C.K.S. LEAGUEでは
立ち治りに向けての過程には
敢えてディスカヴァリィを配置し
それは新たな発見の場所でありたい!
ってそんなこんな願ってます。



終わりに向かう空間は無いよ
でもどこからでも始められるからね








posted by Kaworu at 20:57| 兵庫 ☀| Comment(0) | 知らせる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

LOSING。part2。

罪を洗い流すんは雨じゃないなあ
それはアナタの心からの行動で以って。

具体的にどうすりゃ?
については訊かんとって欲しいん
自らで気付くパートやと思うから。

凶悪刺激に過ぎてたので
もう1年くらい閲覧してなかった
クレプトマニアBBS
随分と印象が変わってる。

何だかスリリングなやり取りも!

盗るのが止められない✕✕さんの
数々の投稿をわざわざ
時系列で整理して発信してくれてる〇〇さん
理論的な対処に頭が下がる思いです。

○○さんは✕✕に対して曰く

助けてくれ助けてくれとの悲鳴は聞こえますが
この様に努力したけれどという投稿がないし
努力の跡が窺えません。
クレプトマニア脱却のためどんな努力をしましたか? 
後学のため教えて下さい。
なんの努力もせずただ
助けてくれでは手の施しようがありません。
医者も同じことを言うと思います。

それに✕✕さんの反応

窃盗症に対処してる
有名病院は満床で入院出来なかった。
別の病院にステイしたけど
投薬だけの毎日。
家族へ告白するのに葛藤してる
自助グループには行きたいが
事情があって繋がれていない。

努力してないやん!
って云い切るのはちと無謀やけど
まだまだその余地はあるねえ。

少しばかり暴力的な記述になるけど
○○さんが云わはってる努力ってのは=
自分の好都合を敢えて曲げるてみる事=
自分が心地良くない状況に踏み込む事=
ちょっと頑張って脚を動かしてみる事
やと思うねんよ。

それと同じくして
被害者の方への何かを抱けたら
もの凄く進展するのにと考えます。

今まで盗った物の価値と
同等の何かを失うのを覚悟せんと
アカンねんなあ。

っちゅうか
進んでロストするくらいの意気込みをね
お願いしたい。

それは決して肉体的に
自分を傷め付ける事やないねん。

それは含んでいて欲しい。



教えてよ
僕が出来うる希望いっぱいの
止める術を







posted by Kaworu at 22:20| 兵庫 ☁| Comment(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

LOSING。part1

それ失ったり手放したりしたとして

立っていられるの?
立ってらんなくなるの?

案外
後者の方もお見受けする様な。

要するに
懺悔の言葉はドバドバ流してるけど
そしてきっと
綺麗な人生送りたい願望も本当やけど

いざ離れようとすると
嗚呼離れられない!

もういちいちそんなこんなを
分析はしないよ。
だって回復する為の
準備が整ってないだけやと思うから。

惜しむ事は
充二分に用意が出来た時ってのが
充二分に自由を満喫不可な
状況なのがスタンダードな事。

逮捕
拘束
実刑
収監
実例はてんこ盛り。

何でそこまで時間を要すん?

それがアディクションやねんから
としか答えるしかない
不都合な真実の数々。

きっとおかしくはないねん
アタシにも覚えがありますのでね。

ざっくり云ったら
夏休みの宿題?
8月30日と31日でないと
燃え上がらん駄目な習性が
ここでも繋がってる。

本来逸早く繋がるべきなのに
それが出来ないのは何とかせんと!

アカン実例だけが総出でパレードしてる。

このトピック多分続きまする。

あんまり前向きなサンプルではないけど
どうにかこうにかアナタには
ポジ的に向き合って欲しいから。



きっとそれを臆病だって呼ぶだろう
けどこれまでみたいには過ごせない













posted by Kaworu at 21:46| 兵庫 ☔| Comment(0) | 感じる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

道ト導キ。

について考える。

世に生息する
クレプトマニアックスが
果たして何処へ向かうのかも。

当ブログのヘッダーでも
紹介させていただいてる
大切なツイトモのはいどさん。

凄くいい事
発信されてました。

自助グループに参加したから
治るんやないよ
治りたいから
自助グループに参加するんよって。

らんちゃん
さすがやなあ。

全てはタイミング
即ちターニング・ポイント。

アナタが
なんやかんやで
回復したいと思ってても
素直にそれに繋がれんのであれば
その時期はまだ来てないよ
って考え方。

もう待ち時間の余裕はないかも?!
やけど

不安定に繋がってフワフワするより
がっちり繋がる機会を待ちたい。

そんな状況もございます。

難しいし
悩ましいところなんやけどね。

ただただホールド・オン・タイトです。



ジャック
その道を行け






posted by Kaworu at 22:53| 兵庫 ☔| Comment(0) | 感じる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

凱旋歌。

でも謡ってやろうかの勢いで
広報活動に勤しんでいます。

T.R.A.C.K.S. LEAGUEとして
体制は整ったし
夜ミーティングも来週から始まるしね。

今日は新しい統括保護観察官の方と
お逢い出来ました。

ちょっと話が
ボタンの掛け違いの様な展開に。

職業が職業なだけに
各種自助グループについては
一定のご理解があると仮定して
わたしたちの活動について
説明を差し上げたんですが
うん?窃盗症?当事者会?KA?
みたいになりました。

やっぱり予断と勝手な展望はアカンなあ。

プレゼンのツールを
そもそも....とはの
ところから供述してるのを
用意してたんで
何とか繋がった感じです。

そうそう!
エエ機会やから
今1度記しとこか。

クレプトマニア=窃盗症=病的窃盗の
医学界的スタンダードはこうです。

クレプトマニアはアメリカの精神医学会の診断基準であるDSM-5においても「窃盗症」と記載されている精神疾患です。
参考までにDSM-5におけるクレプトマニアの診断基準は以下の5項目です。

◎ 個人的に用いるのでもなく、またはその金銭的価値のためでもなく、物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなることが繰り返される。
◎ 窃盗におよぶ直前の緊張の高まり。
◎ 窃盗を犯すときの快感、満足、または解放感。
◎ 盗みは怒りまたは報復を表現するためのものでもなく、妄想または幻覚に反応したものでもない。
◎ 盗みは、行為障害、躁病エピソード、または反社会性人格障害ではうまく説明されない。

本当にこの様に
診断されるのであれば
世界にクレプトマニアは存在せん!
くらいのジャンルとなります。

なので医学界では
比較的その判断は
緩く診断されてる傾向やね。

しかし法曹界では
割とこれにガッチリと当て嵌めて
ジャッジされてます。

わたしたちT.R.A.C.K.S. LEAGUEとしては
この様に考えています。

DSM-5についての内容は熟考し認識した上で
◎ 盗む行為を繰り返している(いた)。
◎ それは決して賞賛されるものではなく、唾棄される行いだと認識している。
◎ 止めたいと云う思いを持っている。
◎ その思惑が上手く機能してなくて悪循環に陥っている(いた)。
としています。
同時に昨今では世間で叫ばれる
「処罰より治療を。」
これには絶対的に違和感しか覚えません。
必要なのは先ず謝罪の思いを持ち、何らかの形でそれを表明し行う事!
どうかわたしたちのケースでは必ず被害者の方がいらっしゃるのを忘れずに。
そして治療へと速やかに入りたいところですが、裁判を抱えながらの状況が多く
そう上手く事は運ばないのが悩ましいところです。
刑罰確定に至る道中に治療を組み込みながらの生活が理想ですが
身柄拘束の中でリミットに追い付かれ、時には長い償いを全て終えてからでないと
回復について取り組めない状況も多分に見受けられます。

わたしたちのアディクションは思惑だけでは好推移しないのが残念ながら現実です。
これを鑑みても、かつて行ってきた事が罪深いものであるのを今一度冷静に見つめ直して
先ずは「盗れない1日」から始めませんか?
但しそれは完全な回復とまでは呼ばれないのはご理解下さい。
目標の本質は「盗らない1日」を重ねる!そして自分自身が判断して動く!
ポイントとなるのは、人としての自由意志選択の権利を有する生活を送る中で
不当に何かを収得しないシーンをチョイスし続ける事です。
(以上、T.R.A.C.K.S. METHOD より抜粋。)

濡れたTシャツくらいに着心地の悪い
疾患やと医学界では云ってますが
わたしたちとしては
誰もがさらりと着用可能な
ざっくりとしたトップスみたいに
捉えているんよね。

でも望むべき
着地点は同じやと考えてるねん。

ただもう盗らない事。

その為に必要なんやったら
もう何回でも原点回帰してね
講釈垂れたるわい!

なんて今日は感じたねん。



40の昼と40の夜の間
法律が彼女の味方だった
でも誰が彼女の需要
計画や提案を支持するのだろう






posted by Kaworu at 21:52| 兵庫 ☁| Comment(0) | 感じる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

Death is not the end。

なんて嘯いたのは
誰やったかいな?

そうしたいと呟きつつ
そうせんチョイスをする人が好き
かなりね。

こないだも云ったねんけど
立ち治りは年齢やないねん。

それはするかせえへんか?!
言い代えれば
出来るのか出来ひんのか?!
やから。

邪な行動を手放すのには
かなりの葛藤と困惑を伴います。

やけど
もういいよね?

そんな思いに行き着いた方が
いらっしゃいましたら
わたしたちT.R.A.C.K.S. LEAGUEは
熱烈に支持と応援したいと考えてるねん。

可能なら
その再生への過程を
次世代に語り継いでいただきたいけど
それは後々のエピソード。

先ずはアナタが
悪いフィールドから
撤退してくれるのが最優先。

成功例を確立せんと
成功談を語る訳にゃいかんからね。

どうか明日もご安全に。

短いスパンを
積み重ね積み重ねするしか
ないのよね。



早くはない
遅くはない
始めたら始まりさ


posted by Kaworu at 22:47| 兵庫 ☀| Comment(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

金ノ心。

そんなのが見付かればいいと
思って日々動いてはおります。

豊潤な秋って季節を
ブッ飛ばすかの如くの
こんな節目は特にやね。

KA世田谷にお邪魔してから
ディスカヴァリィしてしまった
わたしたちT.R.A.C.K.S.が
せんとアカン事。

おもてなし?
ホスピタリティ?

そんな言葉では語り尽くせへんよ
おーん。

つまり寄り添いと分かち合いを
一瞬で視覚出来るツールの発行。

やっと固まってきましたです。

サンクス・セタガヤ!

早速フィード・バックしたく
一昨日よりロストする間を惜しんで
色々とトライ・アンド・エラー
重ねてまする。

要するに
一回来ていただけた方の
継続をどう促すのか?

残念ながら
初参加して
ピッ!って感じられんかって
あれ?の人多いのは事実。

そんな方々を
誘い続けるシステムは構築したいねん。

結局は自身の脚が
どう動くかやとしても
うん?
動いてしまうやん!
くらいの魅力有るグループでないと。

それらをクリエイトした上で
どうですか?
次も来れます?
と問うレベルに
ブラッシュ・アップしたいねん。

実現に至る為にも
ご意見の投げ掛けも歓迎です。



生きたい
捧げたい
僕は金の心を掘る鉱夫











posted by Kaworu at 22:49| 兵庫 ☀| Comment(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする