2020年12月20日

ザ・クリミナルズ。

そんなわたしたち。

時に慈悲なんてものは求めず
辛辣な意見に耳を傾け
改めてどんなけ邪な事に
手を染めていたかを
検証するのも振り返りの
一環やと思うのよ。

昨晩がそうでした。

アルバイト時代から含めて
アパレル販売員を
30年やってはる彼女からのコメント。

・そもそも盗むって発想が分からん。

・悪い事やってんの分かってんのに
 何で止められへんの?
 人としておかしいやん。

・商品が盗られる事なかったら
 その分わたしの給料上がってるわ。

・万引き被害にあったのを
 店舗管理が甘いっちゅう理由で
 更迭や退職に追い込まれた
 スタッフは多数おるでな。

・在庫が合わんかった時の
 膨大な作業知ってる?
 本来はせんでもいい業務やから
 サービス残業になるねんで。

・で捕まったらビョーキって
 甘えんとって欲しい。

・依存症が免罪符になってるみたいで
 なんか気分悪いわ。

・ホンマに被害店舗に対する
 反省と謝罪の思いがあるなら
 バレてない万引きについても
 全ての弁済した上で
 自首するべきやなあ。

・証拠のある万引き被害については
 今年からは被害届出してるけどね。

決して罵詈雑言なんて
表する訳にはいかない
店舗側の方としての
屈託ないご意見やと思います。

そんなこんなもちゃんと受け取って
今一度自らを正す
きっかけにしていかんとアカンよね。

やっぱり責められるべきは
やらかしてしまったわたしたち。

そのフォーカスが
ズレる事があったりなんかしたら
また邪悪なゾーンに陥りかねんから。

ただただ
慎重に正しい道を歩くしかないねん
そりゃ苦しいんやけど。



諦めよりもおどけたキスを
楽しい嘘を捧げましょう
ありふれた涙も干乾びた
飢えた空は血まみれ




 
posted by Kaworu at 22:01| 兵庫 🌁| Comment(0) | 感じる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする