2021年02月28日

狂エル・ワールド。Part 2

昨晩からの
続きをっちゅうか
姉妹編っちゅうか
そんなん的トピックをドロップします。

世の中が
利便性や合理性を推し進めた結果
かなり生き辛いのがアディクテッズです。

そんなんで割り切られへん
やたらめったら遠回りしか出来ない
思考しかないから。

いやいや
決してそれを免罪符にしよう
なんて魂胆はございません。

アカン事はアカンからね。

実際の問題として

盗むや隠し撮る=違法
やとは認識はしているでもって止めたい
重々そう考えてはいるねんけど
おいそれとは手放せない。

世間様のご意見として
阿保か莫迦かと投げられるのは
承知の上でも手放されへんのよ。

世界がどんなけ
システマティックに
スタイリッシュになろうとも
泥臭くしか立ち回れん非情の状況。

どっちかっちゅうと
無駄なく便利に歩める
土壌が開発されて
立ち止まる余裕がね
許されてないのが無理なんかな?

ペースは人それぞれ

ストアにインして
直ぐに料理がサーヴされても
いきなり黙々と食べ始める
人ばかりやないから。

先ず香りを愉しんだり
盛り付けをしっかり目で確認したり
そんなひと時が許可されてないのは
どうかと思うねん。

また禅問答になってる。

要するに
エスカレーター式に
均一に進むの強要されるんやったら
益々ココロに歪みが生まれる方
爆発的に増えると思うんよ。

多様性が叫ばれる一方で
多様性が淘汰されている
クッソCruel worldやなあ
エスカレーターの乗り方も
千差萬別やのに。

どうか
運ぶって云う発想よりも
伴走するのを主眼にして欲しい。

不寛容なミスタ・ロボット
もう要らんねん。



そう偉大なる兄が来なくとも
ハウディ-デューディが非難されるとも
なんて嘆かわしい事
やあこんにちは冷酷な世界







posted by Kaworu at 23:08| 兵庫 ☁| Comment(0) | 抗う。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする