2019年10月18日

ザ・宥恕。パート2

もっかい云っとこか!
「ゆうじょ」と読みます。
意味はこんな感じ。

http://www.sirius-law.com/news/20161106/983/

言葉って意識してない時は、なかなかそのシーンを目にする事はないのに
いざ!で意識し出したら、けっこう出逢う頻度がある不思議。

こないだは詐欺のケースでしたが
窃盗での判例を目の当たりにする機会に。

某スーパーで300円の総菜を万引き。
前科前歴多数(実刑は免れない感じ)。

検察官のご意見は....。
意識や、鈍麻や、然るべき矯正施設や、お決まりの言葉が羅列されて
被害者側が示談を受け入れて宥恕を示して被害届を取り下げたのが情状要素で
求刑10月。

うーん。
今まで見てきた感覚では1~1・6年くらいかな?
やったら裁判に雪崩れ込んだら劇的には減刑されてない?
決して過信する要素ではないよね。
見た事ない法律用語だけに凄い効果があるって思ってたんやけど。
そうではないみたい。

ただ、超大手のチェーン・スーパーが宥恕に応じてた事実には驚きました。



言わないで
化け物だって気にすんだ
星が瞬く夜に



さてさて!
わたしたち T.R.A.C.K.S. HANSHIN Inteseptors の次回レギュラー・ミーティングは
25日の金曜日13時30分より
サンシビック尼崎2F和室にて!です。
いつも使用してる3F小会議室ではありませんのでね。
宜しくお願いします。

https://klepanonhanshin.up.seesaa.net/image/E382B5E383B3E382B7E38393E38383E382AFE5B0BCE5B48E-thumbnail25B25D-thumbnail25B15D-thumbnail25B15D-thumbnail2.png


posted by Kaworu at 21:34| 兵庫 ☔| Comment(0) | 知らせる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください