2020年07月13日

巡査サンニ追ッ駆ケラレテ。

久々にスケアード・ストレイト的な
トピックになるかもです。

アディクション=依存症の特色
即ち認知の歪み。

こんな不幸な私なら許して貰える。
とか
どうせ廃棄するんなら持って帰っても
とか。

これらは依存する対象に向けての
稚拙な言い訳。

かなり認知も高まってきてるはず。

最近気付いたねんけど
回復に向けて
まだアディクションを手放し難い
または
立ち治りたい表明だけはしてるのに
決心が定まらない時でも
それら繰り出されます。

その為に割く時間の余裕が....
とか
誰にも悟られる事なく....
とか。

こいつら無理な相談です。

先ずはちゃんと機会点
(T.P. ターニング・ポイント)を
得て感じてからにして下さい。

そんなこんなで結果的に
T.P.の認識が停滞してしまって
続けてしまってる方の多い事!

でもって
覚悟もないのに

え?え?
捕まってもしょうがない?

開き直っても
開き直ってなくても
あんまり悲しい事は云わんとって欲しい。

そして自らの今後の処遇について
もっともっと
悪くともイマジネイションは抱くべき。

先日に
先週に
先月に
やらかした
たった1件のアナタの邪な行為

今となっては毎日に渡って
警察がとことん追っ駆けてくる
そんな時世です。

ベント持ちの状態でまたやらかして
法廷に立たされるシーンでは
ほとんどのケースに於いて
もう何もして差し上げられません。

どうぞ矯正施設へ。

でもそこがリアルの
T.P.になる方多過ぎてね。
ブレイク・ダウンした今宵です。



逃げたよ
月曜
火曜
水曜
木曜
金曜
土曜
日曜
僕が何したって云うんだ











posted by Kaworu at 22:32| 兵庫 ☔| Comment(1) | 感じる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうせ○○だから××だ。

先ず手放さなきゃいけないのは、これらなのかも。

こういう言葉やら態度と接すると 虚しくなります、ほんとに。



Posted by m at 2020年07月14日 18:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください