2020年11月22日

愚カ者ノ船。

いい夫婦の日らしい
知らんけど。

わたしには縁がないっ
それだけ。

全てに於いて
便利になったと云われる昨今。

なのに不便な方が
増えるばっかに感じるのは
わたしだけなんかな?

例えば
疾患の名称こそ細分化され
それぞれカテゴライズされ
住み分けも上手く運用されてる。

にも拘わらず
生き辛い人は増える一方で
デッド・エンドな混乱状態。

恩恵を受けてるのは
情報を発信する
医療の横っちょのサイドばかりで
救済を必要としてる
当事者は行くあてもなく
右往左往するばかり。

思うに
小さく刻むのはいいんやけど
各々の専門家の配置が
全く足りてない様な気が....。

アディクションについても
同じことが改めて云えるなあ。

クレプトマニア
パイロマニア
窃視症

犯罪直結系嗜癖の
専門医の少なさは嘆きのレベル。

しかも
依存症の根っこは一緒やから
上手くアレンジして対応します!
みたいな気概ございます
クリニックも少ないねえ。

この事実を再確認する度に
民間の自助グループや当事者会が
リードしていくしかないのかな?
なんて考えてます。

それを治したい方々が
決して乗り込む船を
間違えない様に
そして同じく
間違った明日に
運ばれてしまわない様に。



護ってくれ
護ってくれ
明日と云う時から
愚か者の船で
航海はしたくない






posted by Kaworu at 22:15| 兵庫 ☔| Comment(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください