2021年01月07日

ヒトツノ方向性。

どんなけ多様性が
声高に叫ばれようとも
わたしたちは罪人やから
それしか選択肢はないと思うねん。

もう止める事!

そこに到達する為に

・被害者の方への出来る限りの謝罪。
・刑事罰から逃げない。
・後悔の念を忘れない。
・正直に自らと向き合う。etc.etc.

を必ず行うのを推奨しています。

窃盗症の事案ならどの店で悪さをしたか
特定は容易で謝罪に繋がり易いですが
窃視症の場合は被害者の方が
不詳の場合も数々あって
謝る行為が不可能と云うケースも
しばしばで上手く出来てません。

その状況は分かるねん。
でも被害者の方が
特定不可やったとしても
謝罪の念を持つ方法は有ると思うよ。

例えばアナタが盗み撮った方
それに気付いてたら
どう感じるやろ?
決して心は平穏無事じゃないよね?
今後の人生に悪い影響は出ない?

ここで生々しく
描写するのは自粛しますが
直接の謝罪には至らなくとも
イマジネイションを働かして
その思いを強く持つのは可能やからね
絶対そこんとこ避けたらアカンのよ。

もうしないやらないの
大切な出発点やのよ
甘く考えてたんなら
それを直ぐにでも改めて欲しいねん
このアディクション
難解やからこそ。



壁に書かれてるのは
上手に説明出来ない物語


posted by Kaworu at 22:13| 兵庫 ☁| Comment(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください