2021年01月15日

女ノ人ヨ泣カナイデ。

悪い事から離れる方法
それはきっとある。

あるんやけど
止めたいと思う願いと
実際にそう出来るかの間に
ハードルも存在しててね。

ひょいひょいと
飛び越えてく方々ばっかやないねん。

では
可能なのか不可能なのかの違いは?

大きな要素は
被害者の存在を意識
してるかしてないか
やと思うのよ。

ここんとこも
感受性と想像力の大いなる欠如と云って
差し支えないとね。

大切な事やから何度も綴るけど
間違った思考を改めるに中って
アナタが被害を与えた方の
怒りや
恨みや
悔しさや
虚しさを
スルーしたまま
自分だけ立ち治ろうってのは
都合良過ぎやと思わん?

同じ痛みを味わえ!
とまでは云いません。

けど
それなりに自らも痛感を得て
謝罪の念をちゃんと持って
出来る限りの埋め合わせをやった上で
悪さから離脱せんと
早やかれ遅かれスリップは必至。

でもって
必然的に何らかの刑罰を受けて
やっと目が覚めるっちゅう
かなり遅きに失した回復に向かうのを
この2年でかなり見てきたからねえ。

先行く人の背中を追うって
自助グループ界隈で
よく云われてるけど
良い道ばかり歩んでる人ばかりじゃないし
悪い道のパターンも想定される訳で
追っかける対象を見間違ったら
エラい悪影響を
受けるのも含んでおいて欲しい。

とにもかくにも
自分の中の認知の歪みに
気付くだけやったらまだまだやねん!

それはただの通過点
そう云いたかっただけ。



大いなる未来の中で
君は過去を忘れる事が出来ない





posted by Kaworu at 21:41| 兵庫 ☀| Comment(0) | 抗う。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください