2021年02月06日

不安定デ不均等ソシテ不謹慎。

そんな心理状況に支配されてない?

アディクションにどっぷりの時は。

そこには
本当に不しかない
負へと至る悲しき道程。

自己肯定感が低過ぎて
誰の事も信じられなくなったなら
いよいよの末期症状。

狂ったアングルによる認識からの
反射的行動に走るしかなくなって....

どう止めれます?

きっと他人からの指摘なんて
もう止めるきっかけにはならんよね。

自ら劇的に気付くか
痛い思いをするのか
どっちかしかない感じ。

今でもそんな存在を知ったら
お声掛けは躊躇なく
させていただいてるつもりなんやけど

最近はダメモト的になってます。

なかなかわたしからの発信に
応えて貰えるのはレア・ケースで
それはそれでしょうがない。

でもね
既にね
罰金とか
執行猶予付きの実刑とか
経験済みなら
次に来る痛みを機会には
もう思う様な
回復に向かえない事だけは
理解して欲しいねん。

司法から設定される壁
時に途轍もなく高いから。

やっぱり嗜癖由来の
感受性と想像力の欠如って
全てのコミュニケイションを
閉ざしてしまうって感じたりして。

凹んでる暇はないねんけどね。

エスペシャリィな弾丸を発射出来る
銃を開発したいとかなんとか感じるなあ。



一人の僕が涙を流す
一人の僕がヘラヘラ笑う
誰も教えてくれない時は
認めなさい
それがあなたでしょう?





posted by Kaworu at 22:10| 兵庫 ☀| Comment(0) | 感じる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月30日

ニア・デス。

かなり近くに居る。

それは「何故死んでない」から
やがて「死んでもいい」を経て
段々と「死のうかな」と思い
もうね「死にたいねん」に至る。

ウィズ・ザ・希死念慮。

特にアディクション持ちには
馴染み深いシュチュエイション。

コロ助が猛威を振るうこの時世
昨年度の数字もチラホラと出てきましたよ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/15bdbcd761b4363722aaaa6f3f50b5600c40b3e2

しかし何故これを行政がやれない?

どうでもいいキャンペーンや
有罪確定した議員が報酬を
受け取り続けてる事や
キャバに公的ななんちゃら費
落としてる方とか
無駄みたいなん多いよね。

それを予算に充てたらいいねん。

きちんと対応されてる相談員の方に
相応の対価は受け取っていただかんと。

そんな発想にも至らんモンが

止まない雨はない
明けない夜はない
なんてなにもプラスにならん言葉を
発するのも狂ってる。

困ってる人は(今)やねん
必要なんは今日使える傘や電灯。

そこ分かったれよ。

わたしたちT.R.A.C.K.S. LEAGUEも
それ必死でやるやんかいさ。



お前はな
まだまだ疲れを知っちゃあかんよ
それよりな
たくさん楽しい事があるやろ
ぐっすり眠ればまた明日
元気が湧いてくる
たっぷり食べればもう一度
勇気が湧いてくる
ほんまに不思議や 
眠り方までよう似とる
いつか旅立つのか
お前の未来に今夜
おつかれさん






posted by Kaworu at 22:04| 兵庫 ☀| Comment(0) | 感じる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月25日

ブライト・サイド。

全く以って
油断も隙もございませんなあ。

アカデミズムやオーソリティが
ブランディングして
リーガル・ワールドが
ジャッジする。

そんな居心地の悪い世界にとっての
わたしたちクレプトマニアックス。

http://kleptomania-amity.or.jp/about.html

こんな定められ方しても
右往左往するばかりやん?

医学界ではなかなかに認定してなくて
法曹界では断罪するのが先決。

いえいえ
決してこれがビョーキや
なんやかんやのサムシングで
罪を逃れようとしてる訳じゃないねん。

やらかした事に対しての
謝罪と罰則は必須やから。

アカンと分かってる
犯罪やと分かってる

なんやけど
どないかしてやってしまう
ブシャブシャに間違った行動原理。

そんなんが
刷り込まれてる方々は
或る一定数存在はします。

妙な同情や理解は
必要としてないんやけど
知っていては欲しい。

今のままで良いとは
努々考えてないからこそ
こうしてわたしたちT.R.A.C.K.S LEAGUEは
毎日活動してます。

罹患してしまってるみんな
ただひたすら難しいよね
けど決して諦めることなく
悪癖からはどうにかこうにか離れようや!

ヒントやストラテジィは
かなり集まったし
それ伝える準備もあるからね
是非に声掛けを待ってるんよ。

そしてこれからは
陽の当たる場所を歩けたなら。



暗い行き止まりの道から
明るい路の所へと






 
posted by Kaworu at 23:10| 兵庫 ☁| Comment(0) | 感じる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする